ヘッダーイメージ
 

ファンライザーQ&Aコーナー

ファンライザーに関するご質問にお答えします。

Q. 「ファンライザーは何でできているの?」

A.
「ファンライザーは超軽量・高剛性アルミニウムフレームとグラスファイバー複合材のショックアブソーバーからできています。ゴムパッドは高耐摩耗の合成ゴムでできており、複合材ショックアブソーバーは航空宇宙用素材を使用しています。組み立ては手作業で一つ一つ丁寧に組み立てられています。」
Q. 「ファンライザーの機構を教えて下さい。」 

A.

「複合材ショックアブソーバーが、ユーザーの体重によって圧縮され、そこから生まれる強い反発力で驚異的な跳躍力を生み出す構造になっています。」

Q.「ファンライザーのトレーニングに最適な場所はどこですか?」

A.
「ファンライザーは障害物のない、硬くて平らな場所で練習してください。人や建物の密集地、道路、滑りやすい場所、凹凸のある場所、傾斜地などでは使用しないでください。」 
Q.「ファンライザーの練習方法を教えて下さい。」

A.

いきなり走り出したり、いきなりジャンプしたりせず、徐々に感覚を慣らしていって下さい。決して無理はしないよう、ヘルメットとプロテクタ-を装着して、説明書をしっかり読んで注意点を守って使用して下さい。 

Q.「ファンライザーの筋肉、関節、腱への影響を教えて下さい。」

A.
「ファンライザーで行う全ての動きは、筋力の持久力をつけるために働き、運動は力を逃す方向に働きます。体への衝撃はとてもスムーズに減衰させながら、トレーニングができるのがファンライザーの特長です。」
Q.「ファンライザーは部品交換が可能ですか?」

A.
「ファンライザーの全ての部品は、スペアとして交換が可能です。」
Q.「ファンライザーのサイズの選び方を教えて下さい。」

A.
「ファンライザーは、FR30からFR120まで10kgごとにサイズが区切られているので、自分の体重にあった最適なサイズのモデルを選ぶことができます。
FR60の適正体重は60kgから69kgです。体重65kgの方はFR60またはFR60Proをお選びください。
各サイズの中間の体重の方は、より高いジャンプ力を求める方は上のサイズを、手軽に遊びたい方は下のサイズをお選びください。
適正サイズのファンライザーを使用しないと、ショックアブソーバーの反発力を十分に引き出せないのでご注意ください。」
Q.ファンライザー、ファンライザープロ、ファンライザーキッズの違いは何ですか?

A.
「ファンライザープロは、ファンライザーとはショックアブソーバーやアルミフレームなど基本構造は同じですが、稼働部分に高精密ベアリングを使ったり、二―ホルダーの固定パーツにアルミの削り出しパーツを使っているなどの違いがあります。
ファンライザーキッズは上記2モデルとは、ショックアブソーバーの長さや膝の固定方法など基本構造が違います。キッズモデルという名前ですが、体重の軽い女性などはFR40やFR50がお勧めです。また、ファンライザーやファンライザープロの練習用としても大変有効です。」
Q.適正体重以外のモデルを使用するとどうなりますか?

A.
「適正体重の下のサイズを使用した場合、ショックアブソーバーの反発力が弱すぎてショックアブソーバーが沈みきってしまうためジャンプ力も弱くなってしまします。ショックアブソーバーが沈みきってたとしても、それ以上曲がらないようにゴムのパッドが付いているので、本体が傷付いたり、ショックアブソーバーが折れるという心配はありません。キッズモデルは、ショックアブソーバーが短くバランスが取りやすいので、FR60以上のモデルの練習用としても有効です。

適正体重の上のサイズを使用した場合、ショックアブソーバーの反発力が強すぎてショックアブソーバーが曲がらず、十分なジャンプができなくなってしまいます。」

 その他のご質問は、下記「お問い合わせ」から承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

             

商品案内  お問い合わせ ご 注 文  

ページトップへ

フッターイメージ